ボランティア

魂は、生まれたり死んだり転生を繰り返しながら、進化を道をたどります。

なので、この世に生まれて様々な経験を積み、寿命が来れば、魂は肉体を捨てて、ふるさとであるあの世へ帰ります。
そして今度の人生で学べたこと、学び足りなかったことを反省し、次の課題を決めて、再びこの世に生まれてきます。

学んでいるのは愛です。
愛を知り、愛に満ちた存在になることで、魂はより透明に浄化されていきます。
その学びの場が今世です。

人間が子どもを産み育てる行為は、人が愛を学び、進化を助ける「ボランティア」
ペットを飼うのも同じで、動物が愛を学び、進化していくのを助ける「ボランティア」
とも言えます。

例えば、かわいがっていたペットの死は、とても辛いけれども「ボランティア」であることが心から理解できれば、乗り切れるのではないでしょうか?
ペットの魂の向上を自分は精一杯手伝えた、そして、ペットは無になったんじゃなくて、今も魂の旅を続けているのだという思いが、喪失感を癒してくれるはずです。


『予想外の人生になっても、そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな』

~松岡修造~



~釧路より愛と光を~

St.Johns

Mail address
archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/546-b41ffae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)