限りある時間を大切に

生まれた時から刻一刻と死に向かっています。
死が早いか遅いかは別として、死という宿命は変わりません。

見栄を張ったり…
嘘をついて取り繕ったり…
過ぎた事を悔やだり…
猜疑心で振り回されたり…
人を恨んだり妬んだり…
そんなところに労力をかけることは、時間がもったいない(>_<)

ありのままの姿で…
まっすぐな心で…
前を向いて歩く…

時間は限られています。
そんな中で、不幸の数ばかりを数えて生きても意味はありません。
当たり前のことを小さな幸せとして感じてみましょう。
感性を養い、少しでも、どんな小さなことにも幸せを感じてみましょう。

幸せへの道は、小さな幸せに気づくこと…
小さな幸せを感じることは、運命を味方にすること…

犯した過ちを反省することは大切ですが、いつまでも引きずらずに切り替えることが大切です。
反省は感情ではなく理性で考える。
遠回りをすることもあれば、マイナスまで堕ちることがあったとしても、それは気づきのために必要な経験であって、無駄なことではありません。

重要なのは、時間は限られていることを意識して真っ直ぐに生きること。
そして、時間と出会いを大切にして感謝すること。
いつか分からない死に向かって生きている自覚を持つ事で、今この瞬間のやるべき事に精一杯向き合うことができるんです。
今この瞬間を精一杯悔いなく送ることで、魂は輝きますよ。


『私たちが過ごしている日常は、当たり前のものじゃなくて、奇跡の瞬間の重なりなんだろうなって感じるんです』

~宮沢りえ~



~釧路より愛と光を~

St.Johns

Mail address
archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/535-df633a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)