男性性と女性性の統合

性別に関係なく、誰もが心の中に「男性性」(陽)と「女性性」(陰)を合わせ持っています。

男性性の持つ要素といえば、一般的に男らしいとされる部分で、
例えば、力強さ、責任感、理論的思考、たくましさ、(男性的な)包容力、優しさ、与えること、忍耐強さ、リーダーシップなどが挙げられます。
あまりに男性性のエネルギーに偏ると、
野心・強情・傲慢などのネガティブな性質に陥り、他人をコントロールしようとします(>_<)

一方、女性性の持つ要素といえば、柔らかさ、慈愛、(女性的な)優しさ、包容力、受容、感情、美しさなどが挙げられます。
「女性性」は受動的なエネルギーなので、女性性に偏りすぎると、
ネガティブな「男性性」のエネルギーに淘汰され易くなり、
自分を表現する事を恐れ…
うつになったり、自信をなくし、神経質になります(>_<)

私達は、どちらかに偏って、その領域の視点、意識ですべての物事を判断します。
心の中の「男性性」と「女性性」のエネルギーをひとつに統合することが、今世で私たちが到達すべき課題なんです^ ^
つまり、究極の強さと偉大な愛、人生の喜怒哀楽、善悪、光と影、感情のマイナスもプラスも、思考のポジティブもネガティブも、そのすべての両極を体感し、それぞれの良さを兼ね備えることです。
両性の対極をひとつに統合することです。

私達は、常にこの二つの対極のエネルギーのなかで生きているので、感情は常に振り子のように動いています。
パートナーと向き合い、あるいは人間関係の中で、コミュニケーションしていくことで、男性も女性もその男性性と女性性を成長させていくことができるんです。

男性性と女性性というのは、考え方の一つに過ぎないのですが、問題を乗り越える際には重要な要素であることがとても多いんです。
もし、何らかの壁にぶつかったとき、自分の心の中のバランスを眺めて、男性性と女性性のどちらに偏りどの要素が今必要なのかを見てみるといいですよ^ ^
そこから、今学ぶことが見つかるかもしれません。


『人の『強さ』って振り子みたいなもの。
きちんと悲しんでいる人はそのぶん強くなれるし、儚さや切なさを知っている人は燃える力がある』

~宮沢りえ~



~釧路より愛と光を~

St.Johns



♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫
☆セッション(スピリチュアルカウンセリング)・各種セミナー・伝授・浄霊…など承ります。


◯セッション1時間3000縁(スピリチュアルカウンセリング)
◯伝授3000縁(霊気伝授は別途相談)
◯セミナー2時間5000縁(チャネリングセミナー、ペンデュラムセミナーほか)

急な御依頼でも空きがありました可能な場合もありますので遠慮なくお問い合わせください
深夜・早朝…に関わらず時間帯もご相談に応じます。

※対面セッションが難しい方は、遠隔にてチャネリング・リーディングし、結果を電話、メールでお知らせすることも可能です。
※出張でのセッション・セミナーも応じます。
下記アドレスにメールにて申込またはお問い合わせください。

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/526-7fe5dbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)