プラーナを摂り入れる

食べないことによって幸せになるって信じられますか?^ ^不食の人たちが何をエネルギー源に生きているのかというと、食べ物の代わりに、空気中や宇宙に満ちているプラーナ(いわゆる「気」)を摂取しているんです^ ^

誰でもいきなりプラーナだけで生きられるわけではなくて、食事量を徐々に減らしていき、「1日1食」の少食から「微食」へと進んでいくことによって、プラーナの摂取率が高まっていくそうです。

1日1食生活をしてて変わったことが、1食を大切にしたい気持ちが増したこと…
つまり、どうせ食べるならエネルギー的に良い物を食べたいと思うようになったこと…

無理なく気長に3年~10年掛けて微食を進めていくと、体は食べないことにだんだん慣れていき、やがて空腹が苦しみではなく、とても心地よく感じられるようです。
しかし、素人考えで、無理な断食はしないでくださいね^^;

食べないことに慣れていく過程で、徐々に体がプラーナで満たされ、肉体的な飢餓感だけでなく、精神的な飢餓感からも解き放たれるそうです。
肉体的にも精神的にも、飢えはプラーナ不足によるものなんですね^ ^

すべての動植物はプラーナを摂って生きています。
人間は間接的にこのプラーナを食物からとり入れています。
大切なのは食材よりも、その食べ物が新鮮であるか、日光を浴びて自然の力で大切に育てられたかということ。
そういう食べ物にはプラーナがたくさん入ってます^ ^

けど、食べ物以外からもプラーナを摂ることはできます。
大切なのは呼吸を意識すること。
特に日の出の朝日を浴びて深呼吸するのは良いです^ ^
呼吸を意識した瞑想をする…
熟睡する…
温泉に浸かってのんびりする…
お試しあれ^_−☆


『人生って、どれが正解かわらないじゃないですか。だから私は、自分が下した決断が全て正しいと信じています』

~天海祐希~



~釧路より愛と光を~

St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/515-29cfa80b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)