☆天使画☆

様々な天使画がありますが、概ね描かれた天使は、大体が人間に羽、翼が描かれた姿として表現されてます。

しかし、元々、天使には翼は無く、普通の人間と同じ姿と捉えられていました。

そんな天使が「翼」を持つようになったのは、他の高次の存在達や聖霊のイメージが混ざり合ったことや、天使が強いエネルギー(オーラ)に取り囲まれているため、それが光となって見え、その光を「翼」と思った画家により翼が描かれたとも言われています。

そして、翼の付いた天使は「天界と地上を自由に行き来する」という天使のイメージ的な象徴とも重なり定着してきたんでしょうね。

ちなみに、中世ヨーロッパ時代には「天使は有翼のもの」として認識されていたようです。

そもそも天使は人間と同じ姿で現れるだけではなく、光や音、香…と私達が認識しやすいように、イメージしやすいように、様々な方法、姿でその存在やメッセージを私達に伝えようとしています。

貴方の周りにいる天使はどんな形で貴方に語りかけてきてるでしょう?

北海道千歳市にて「Angel colors」を立ち上げ、パステルシャインアートセラピーをされている「Healing atrist 美羽 (miwa)さん」に私が感じた天使のイメージをお伝えして天使画を描いていただきましたので紹介します。

美羽さんは、パステル画で天使画なども製作されていますので興味ある方は訪ねてみてはいかがでしょう。

Angel Colors

※掲載した画像は、ポストカードサイズの作品をスキャンしたものです。



ミカエル
Archagel Michael

ラファエル
Archangel Raphael

ウリエル
Archangel Uriel

ガブリエル
Archangel Gabriel
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/51-b22a54a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)