腰が痛む時

幸いに私は腰痛持ちではないので、良いのですが、日本人の8割以上が腰痛を経験しているそうです(>_<)

腰痛の肉体的な原因は、姿勢の悪さや体幹や下肢の筋肉のバランス不良、椎間板ヘルニアや老化による脊椎の変形、内臓の病気、ストレス、カルシウムやマグネシウムの欠乏など様々らしいのですが、医学的に腰痛の原因は特定されていないようです。
とりあえず、十分な栄養をとり、ゆっくり体と心を休める時間を取るのが腰痛を改善させるには良いようですね^ ^

ところで、エネルギー的には、腰は、上半身と下半身が交差する場所なので、エネルギーが滞りやすい場所でもあります。
また、腰は、支える、サポート、を意味する場所です。
他人から助けてもらうことを自らに禁じていたり、なんでも一人で背負いこもうとする方、人生でサポートされていないと感じたり、他人に助けを求めることが苦手な人は、腰痛になりやすいようです。

特に昭和に生まれた年代は、子供の頃に、「弱音を吐いてはいけない」「人に頼らず一人でがんばらなければならない」と教育されてきた傾向にあります。
子供の頃は素直なので、教わったことを素直に吸収します。
そして、心の奥底に、その教えを刻んだまま大人になり、一人で生きていくことの大変さを知り、自分の無力さに打ちのめされます(>_<)

自分は一人だ…
寂しい…
将来が不安…
など…
誰にも支えられていないことを不安に思う方は、腰痛になりやすい傾向にありますよ(>_<)

腰が痛む時は、自分の意識に目を向けてみてください。
支えられてない…などの意識があるとしたら、手放すと腰の痛みが良くなるかもしれませんよ^ ^


『口にプラスとマイナスで「吐く」 そのマイナスを取ると「叶う」と云う漢字になる 弱音を吐かなければ夢が叶う』

~ゴルゴ松本~



~釧路より愛と光を~

St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/509-0d1033ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)