子供は魂の計画どおりに育つ

私にも子供がいますので、子育て間違っていたのかな~とか…悩むことは、多々あります(>_<)
しかし、親の育て方がどうあろうと、子供は子供が持っている魂の計画通りに生きるんですよ^^;

自分を犠牲にして、家族のために尽くしたとしても、
「愛情豊かに育ててもらった」と思う子供さんもいれば、
「愛が重かった。過干渉で息がつまる思いがした」と思う子供さんもいます。

子供の自主性を尊重しようと、そっと距離を置いていたとしても、
「いつも突き放されたようでさびしかった」と思う子供さんもいれば、
「自主性を尊重してもらえて、のびのびと生きられるようになった」
と思う子供さんもいます。

それらは、親の想いから見た絶対的なものでもなく、その感情を原動力として魂のテーマにそって生きようと子供さんが決めること^^;
子供は、生まれる前に、魂の計画をたてて、その計画にぴったりの両親を選んで生まれてきます。
つまり、子供が、親との関係をどう感じ、どう育っていくかは、親の育て方で決まるのではなく、子供自身が決めることなんです。

私達は、私達が信じる現実を生きます。
カルマだと思えば、カルマとしての影響を受けて、そのような現実を創り出します。
だから、人生の岐路で、何かを選ばなくてはならなくなったとき、子供のため、家族のため、ではなく、自分がしたいようにすべきなんです。
カルマだから…と諦めるのではなく、絶対自分の意思で選択すること…

その選択で、子供さんが荒れたり、恨んだりしたとしても、それは子供さんの魂の計画によるものなんです。
子供さんがどう生きていくかは、親の選択によって決まるものではなく、子供さんの魂の計画に基づく子供さんの選択によるものなんですよ^ ^


『かわってあげられぬ痛みが哀しいわ
どんなに思っていても
たなびく夕映えの雲 
私に涙あふれさせてくれたかわりに
そっと呼んで つらいならば時をかけて行くわ』

~松任谷由実~『ずっとそばに』より抜粋



~釧路より愛と光を~

St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/507-bffb5127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)