胎内記憶

あなたは胎内記憶がありますか?

普通、胎内記憶は消して生まれてくるので覚えていません。
覚えている子供さんは話します。
しかし、話したがらない子供さんは、神様から口止めされているとか、大切な秘密と思っているようです。

3歳ぐらいにもなると、話をはぐらかしたりもします^^;
うっかり話してしまった後で「しまった」と焦る子もいます。
でも最近の子供さんは胎内記憶を話すようになってるみたいですね…

もし子供さんが胎内記憶について話し始めたら、いつもの会話の延長線のように普通に接しましょう。
両親が驚いた顔をしたり、特別なことのように聞きすぎると子供は嫌がって、全て封印しちゃいます。
親が胎内記憶というのを知っていて、普通に聞けると、子供さんはどんどん話してくれます。
子供さんが胎内記憶の話をすることは、親との関係を感じるすごく大切なツールなのかもしれません。
内容がどうこうではなく、しゃべったことでお母さんやお父さんとの繋がりが感じられたら、胎内記憶の役目は終わるんでしょうね^ ^

では、自分自身が胎内記憶を持っていたら?
実は、私は、昔父が苦手でした。
父の理不尽な言動や仕打ちとも言える暴言暴力が全く理解できなかったからです。
しかし、胎内記憶では鮮明に父と母とが胎内の私に向かって優しく話し掛けている言葉が記憶にあり、私は両親から愛されて生まれてきたことが胎内記憶としてあります。
父は父なりに仕事で戦い、やり場のないストレスを家族にぶつけたり…
愛情表現が下手だったり…
不器用だったり…
胎内記憶を思い出して、それが父を許すキッカケとなりました…
つまり、胎内記憶を思い出した時、それは、今の現状を打開する、解決するためのヒントがそこに隠されているのかもしれません。
胎内記憶は、神様が持たせてくれた今を上手く生きるための参考書なのかもかもしれませんね…


『時代が流れる速さを感じながら、自分も同じようにちょっとずつ、でも確実に動いているから、結果的にあまり変わらないように見えるんじゃないのかな』

~松任谷由実~



~釧路より愛と光を~

St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/501-5b7a683b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)