俯瞰で見ること

悩みの状態の時、今の状態を知るには、俯瞰することです。「俯瞰」の読み方は”ふかん”。「俯瞰」には、高い場所から全体を見おろすという意味です。

空高く飛ぶ鳥の視点や高い山の山頂から見る景色といったものが、「俯瞰」の基本的なイメージとして言われてますが、現代的に言うと、ドローンで上空から撮影した景色の方がイメージしやすいかもしれません^ ^
自分を高いところから客観的に見つめること。
高いところから、悩みのある状況を客観的見ると、今のやるべき事が見えてきますよ^ ^

過去をひきずる…
現状から逃げる…
未来に不安や恐れを抱いてばかり…
ってことはありませんか?
自分の足で前進して行くには、自分自身で縛り付けている悪い思い癖を外さなければなりません。

そのためには、あなたの神様であるハイヤーセルフと一緒に高いところから自分を見つめてみて下さい。
一緒に高いところから見ながらハイヤーセルフが隣にいると信じて話掛けてください。

自分を高める近道は、自分の心に正直に行動すること^ ^
問題や課題に対して、どう解決していくか?自分の心に正直になること。
あなたの神様であるハイヤーセルフと一緒に
高いところから見つめて問題に対して腹を割って話し合って下さい。
思いがけない答えが現れてきますよ^ ^


『ゆがめられた情報に惑わされず、正しい自分なりの視点を持つには観音菩薩のように宇宙に突き抜けるくらい背高のっぽになって、世の中を俯瞰で見ることです。』

~美輪明宏~



~釧路より愛と光を~
St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/415-ee71038f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)