楽しく感謝して食べる

スピリチュアルに携わる方々の中では、肉・砂糖・アルコールを食べることをタブーと言われています。

どれも脳内のスピリチュアルな能力を支配している器官である松果体に悪影響を及ぼす…とか肉は動物の念が入って波動が落ちるとか…と言われています。
また、アルコールは、特に松果体を痺れさせると言われていますが、科学的には立証されてないようです。

しかし、スピリチュアルな活動をされている方々でもアルコール、甘いもの、肉が大好きな方もたくさんいらっしゃいます。
私自身、アルコールを飲みますし、肉も食べます^ ^

甘いものは、瞬間的な疲労回復に役立ちますし、肉は、瞬間的に爆発力を発揮するガソリンのようなエネルギーになります。
考えすぎるあまり、食べたいものを食べずに我慢するのは感情の抑圧になり良くありません。

食べたいものを少し食べればそれで満足するはずです。
それを、止めることが出来なかったり、食べ過ぎたり、飲み過ぎてしまうのは、それらが大好きな霊の憑依を呼んでしまいます。

過剰に食べたり飲んだりする方を見ると、いつの間にか本人ではなく、それが大好きな霊が憑依して霊が食べている…なんてこともあります。
食べたいものを適量に食べて、たくさん水を飲むことが大切ですよ^ ^

太るから…
スピリチュアル的に良くないから…
などとネガティヴなことを考えながら食べたら、そのとおりになります。
食材の美味しさをじっくり味わいながら、楽しく食べたり飲んだりすること^ ^
そして、食材や作ってくれた人、その場を提供してくれた人…など全てに感謝することを忘れないことです^ ^
すると、プラスのエネルギーや気になります^ ^


『おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。食べ物も人間関係も同じ』

~美輪明宏~



~釧路より愛と光を~
St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/413-d5402688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)