過敏過ぎて疲れてしまう方

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感がそれぞれ敏感すぎるあまり、必要以上に反応して、自分でも気づかないうちに疲弊してしまう方いませんか?
結構、私、そうでした(u_u)

人は、一瞬にして自分がそこにいるべきなのか、その周りの人たちが自分に対して好意的か敵対的か、雰囲気が淀んでいるか、などといった細かい空気感までも察しています。
実際、普段の生活をしているときに、五感で様々な情報を得て、総合して「空気を読む」という行為を行っているんです。
もしその感覚が、自分が思っているよりも鋭く飛びぬけていたら…
そして、それに気づいていなかったら…
疲れの原因がそこに潜んでいるかもしれませんね^^;

神経や感覚が過敏で神経質になり過ぎて疲れてしまう方の多くは、数えきれない人間での転生も繰り返しているので、様々な気を受信できる位置にまできている方なのかもしれません。
よく気づきくから人の気持ちもよくわかり、思いやることもでき、謙虚でもいられるんです。

しかし、全部を取り込もうとすると、必ず無理が生じます。出来映えや周囲の人の反応も気になる。なんとか習得しよう、頑張ってほめられよう、少しでも仲良くしよう…
その結果思っている以上に無理をしてしまう。そんなことをしていたら、体が悲鳴をあげるのは当然です( ; ; )

感覚が鋭い人は、あれもこれもと気づいてしまいます。
しかし、全部やらなくても、全ての人を喜ばせなくてもいいんです。ゆっくり休んでもいいんです。
全部受け止めず、自分にとって必要なものだけでいいので、人との付き合いも受け取る情報も引き算できるものは引いちゃいましょう^ ^

敏感な方に一番必要なものは睡眠と休息です。自分の自然なリズムで、疲れたら休む、眠くなったら寝る。早い時間に眠れなくても、目を閉じて静かに休むだけでかなりの休息になります。
「敏感なこと」は悪いことではありません。自分の特徴・個性と思って上手く付き合うことです。


『自分で自分を決めつけないことです。とくに若いうちから、「自分はこういう人間だ」などと決めつけるのは何とももったいないことです。人はどんどん変わっていける』

~阿川佐和子~



~釧路より愛と光を~
St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/359-744b2764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)