誤解されやすい人

自分が思っていることを、正しく相手に伝えるのは、簡単なようで難しいものです。人に誤解されやすい人の特徴は、無口で言葉が足りなかったり、表現が下手で、感情を表に出さなかったりというようなことも多くありますよね^^;

実は中身は良い人であったり、温かい感情の持ち主だったりしても、不器用で誤解されっぱなしは勿体ないし、残念です>_<
しかし、誤解されやすい人というのは、どのように話せば相手が気持いいかを考えることができていない人。ちょっとだけ思いやりが足りないんです。

実は、思いやりが足りない方の特徴は、地に足がついていない方が多いです。
地に足がついてないと、周りが全然見えません。
そのために、思いやりを持ってるつもりでも、十分じゃないんです。

それと、思いやりを知らずに育ってきてしまったために、思いやりをどうしていいのかわからないという方もいらっしゃいます。
育ってきた環境で、表現が豊富になれない環境だったというのも要因にあります。

では、思いやりを持つには、どうするか?
まずは、地に足をしっかりつけて、現実を生きることです。
地に足がついてないと、細かい所まで、周りの人に心配りは難しいんです。
そして、相手のことを思いやりながら話す練習をしていれば、自然とコミュニケーションがうまくなっていきますよ^ ^

スピリチュアルに生きることは、サイキックになることではなく、今このときをしっかり生きるということなんです^ ^
今を生きていれば相手を思いやる事はできます。
すると、自分の一言や、行動がどう思われるかまで考えることもできるし、相手のちょっとした心の動きも察して、心配りができるようになりますよ^ ^


『自分は誤解されやすいと思ったら、言葉が足りているかどうか反省してみる。思いが正確に伝わるように言葉を尽くしてますか?』

~美輪明宏~



~釧路より愛と光を~
St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/344-bfbe07ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)