使命を意識した時

スピリチュアルなことに興味を持ち、知ってくると、魂の存在を信じられるようになります。すると、前世が気になったり、使命ってなんだろう、転職は何だろうと思ってきます。

仕事をしていても悩みはある、人間関係がいいわけでもない、やりがいがあると言えばある時も、ない時も…
時に、お金のために働いているという場合もある。
すると、今の仕事は天職なのか?使命なのか?と疑問に思ったりしませんか?
私もそうでした^^;

セッションで、「私の使命は何ですか?」と、尋ねられることがありますが、チャネリングやリーディングでは、ガイド達は使命や天職を明確に示してくれることはほとんどありません。
なぜなら、そこに行き着く選択や過程が重要だからです^^;
私が出来るのは、ガイド達からヒントを聞いて、それを本人に伝えることで魂を揺さぶり、魂のワクワクを引き出すことなんです。

普段あまり意識しませんが、人生は、実は限られた時間です。
命をどう使うかについて、しっかり考えられる時間というのは、人生全体よりも、さらに限られた、もっと短い時間です。
使命とは、命を使うこと、「今生において、自分の命の時間をどう使うか」ということです。
それを意識して生きるとき、光が差し込み、人生が、命が、きらめき出します。
限りがある人生を意識し出したときに、この人生で何をすべきか、というスイッチが押され、きらめきの時計の針が動き出していくんです。
しかし、実は今やるべきことは既に目の前に用意されていて、限りある人生を意識し、目の前に与えられたことを全うした時に次のステージが見えてきたり、導かれたりするんです。
つまり、目の前にあることに逃げずにベストを尽くすことなんです。
与えられた限られた時間の命、迷ってる時間がもったいないですよ^ ^


『この世のすべてに終わりがあって、人生にも試合にも終わりがあって、いつと知ることはできなくても、一日一日、一球一球、必ず確実にその終わりに近づいているのだと。だからきらめくような生命をこめて、本当に二度とないこの一球を精いっぱい打たねばならないのだ』

~宗方仁~(エースをねらえ、より)



~釧路より愛と光を~
St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/343-f858dd68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)