☆自尊心を持つこと☆

自分を大切にするということや自分を愛することを知らないと、自分のことを粗末に扱い、その「粗末な自分」に相応しい現実を引き寄せてしまいます。なぜなら、私たちは、自分自身の扱いを基準に、それに相応しい人間関係を築くからです。
「どうせ誰も助けてくれない」
「どうせ私なんてダメな人間」
「失敗ばかりだから、これ以上何やっても無駄」
…などなど
私たちは、自分で思い込んでいるイメージのまま、自分を扱うようになり、その思い込みが、「他人から粗末に扱われる」ことを許可してしまうのです。

また、ネガティヴな相手に会った後、自分までネガティヴになったり、イライラしたり、気持ちが落ち込んだりという経験はありませんか?
このような時、ネガティヴな方からコードが繋がってエネルギーを吸い取ることもありますが、そこまでいかないまでも相手のオーラが自分のオーラに一部重なったり、つながったりして、相手のマイナスのエネルギーに同調し、ポジティブなエネルギーが、相手に流れて相手は気分が良くなるけれども、自分は重くなるという状態になってしまうのです。

これらの大きな要因の一つは自尊心なんです。
自尊心を持つとは、
『自分自身を愛し、大切にすること。
変なプライドを持つということではなく、ありのままの自分を認めること。
もし自分を粗末に扱う相手に出会っても、自分の気持ちをそこに同調させることなく、自身をコントロールすること。』
そうすることで『相手に必要以上に、精神的にもスピリチュアル的にも干渉されない。』ことが可能になるんです。

自尊心は、自分の中の恐れにも関わります。自分の中に恐れ、お金、パートナーシップ、仕事、人の評価、などへの恐れがあると、自尊心は低くなります。
様々な恐れを捨てていくことは自尊心を高くする要素で、自尊心を高くすることは、より円滑で愛ある人間関係を保つことに繋がるのです。


『必要なのは 'どう見られるか' ではなく 'どう在りたいか' その信念を貫かせて頂だいた結果が今日の全てです』
~浜崎あゆみ~



~釧路より愛と光を~

St.Johns


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/261-dace8ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)