☆弱さを受け入れる☆

弱いところのない人はいません。弱いことは悪いことではありません。
大切なことは、その弱いところをどう扱うかです。

弱いところを受け入れるか、否定して隠すか。
弱いところを受け入れられないと、自分からも人からも隠そうとします。
隠すと、向き合うことができないので、怖くなります。
しかし、隠すのをやめると、弱いところに向き合えるので、光が当たって解き放たれます。

弱いところとして隠しているものは、本人だけが、勝手に格好悪いと評価し思い込んでいるだけです。
弱さを受け入れられないことは、自分を否定すること。
自分の弱さを受け入れられると、自分を肯定できます。
弱いところがあるんだ~と受け入れることで、無理して自分らしくない振る舞いをする必要がなくなります。

ありのままの自分を認めることが、自分を愛することでもあります。
弱い自分も強い自分も、どんな自分も認めて、愛しましょう。
そのままの自分をさらけ出していいんです^ ^


『強くなる必要なんかないさ。
今の自分を愛して歩けよ。』
~堂本剛~


~釧路より愛と光を~

St.Johns





スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/254-3cd48429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)