☆静寂の中にある「本当の自分」☆

「お金がもっとたくさんあったら・・・幸せになれるはずだ」「もっと良い仕事があったら・・・幸せになれるはず」「すてきなパートナーと一緒にいたら・・・幸せになれるはずだ」「○○を持てたら、幸せになれる」などと考えてませんか?まずは、その考えを追うのはやめましょう。☆
気づきは波動を発します。しかし、この場合の波動は、「○○を持っていない」という波動です。「○○が欲しい」と思っても、欠乏の波動を出していたら、「○○がない」という現実を経験せざるを得ません。

ポジティブになろうとして「良い」「悪い」にこだわる。アタマなのなかをポジティブにして「良いことだけを思っていよう」とすればするほど、逆に悪いこと起こることがあります。
思考が働いているので、ジャッジがジャッジを強化し、マイナスを引き寄せてしまいます。

台風のとき、海上は大波でも、海の底ではいつもと同じ穏やかです。人生の羅針盤が狂うのは、不自然な感情の波とか、こうあるべきだといったような価値観の執着によってです。つまり、台風の時の海上のように思考と感情の荒波の中では、羅針盤の針もグルグルと定まりません。
意識も表層で何が起こっていても、決して動じない深層があります。そこに「本当の自分」があります。

人生に混乱があり、「人を信じられない」「心を開けない」「自分を信じられない」「自信を持てない」「お金がない」ということがあったとしても、その深層には、どんな時にも動じない「本当の自分」がいます。
そこにたどり着くには、思考を無くし「ニュートラルな静寂さ」を持つことです。その時、「人生の羅針盤」が、狂うことなく、それぞれの人に道を示してくれます。

そこにたどり着く方法は、一般的には、瞑想、深い呼吸をする、自分の好きなことに没頭する、手放す、インナーチャイルドを解放する、などの方法があります。
まずは、深呼吸をして静寂を取り戻してみてください。そして、静寂の中にある「本当の自分」を感じてみてください。



~釧路より愛と光を~
St.Johns





※チャネリングセミナーでは、必ずニュートラルな静寂の状態になった上で、「ハートの聖なる空間」へと入っていきます。そこは、本当の自分に会うことのできる深層の空間です。
興味のある方は、話だけでもいらしてください。

「お金がもっとたくさんあったら・・・幸せになれるはずだ」「もっと良い仕事があったら・・・幸せになれるはず」「すてきなパートナーと一緒にいたら・・・幸せになれるはずだ」「○○を持てたら、幸せになれる」などと考えてませんか?まずは、その考えを追うのはやめましょう。☆
気づきは波動を発します。しかし、この場合の波動は、「○○を持っていない」という波動です。「○○が欲しい」と思っても、欠乏の波動を出していたら、「○○がない」という現実を経験せざるを得ません。

ポジティブになろうとして「良い」「悪い」にこだわる。アタマなのなかをポジティブにして「良いことだけを思っていよう」とすればするほど、逆に悪いこと起こることがあります。思考が働いているので、ジャッジがジャッジを強化し、マイナスを引き寄せてしまいます。

台風のとき、海上は大波でも、海の底ではいつもと同じ穏やかです。人生の羅針盤が狂うのは、不自然な感情の波とか、こうあるべきだといったような価値観の執着によってです。つまり、台風の時の海上のように思考と感情の荒波の中では、羅針盤の針もグルグルと定まりません。意識も表層で何が起こっていても、決して動じない深層があります。そこに「本当の自分」があります。

人生に混乱があり、「人を信じられない」「心を開けない」「自分を信じられない」「自信を持てない」「お金がない」ということがあったとしても、その深層には、どんな時にも動じない「本当の自分」がいます。
そこにたどり着くには、思考を無くし「ニュートラルな静寂さ」を持つことです。その時、「人生の羅針盤」が、狂うことなく、それぞれの人に道を示してくれます。

そこにたどり着く方法は、一般的には、瞑想、深い呼吸をする、自分の好きなことに没頭する、手放す、インナーチャイルドを解放する、などの方法があります。
まずは、深呼吸をして静寂を取り戻してみてください。そして、静寂の中にある「本当の自分」を感じてみてください。



~釧路より愛と光を~
St.Johns





※チャネリングセミナーでは、必ずニュートラルな静寂の状態になった上で、「ハートの聖なる空間」へと入っていきます。そこは、本当の自分に会うことのできる深層の空間です。
興味のある方は、話だけでもいらしてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/239-a279a57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)