☆親切にする気持ちを大切に☆

親切にしたのに相手に受け取ってもらえなかったり感謝をされないと、がっかりしたり怒りを感じてしまうこともあります。それは当然かもしれませんが、心のどこかで「相手と繋がっていたい」とか「感謝されたい」という欲求があるので、気持ちが通じあっていないと感じたとき、期待していた分だけ怒ってしまうのでしょうね。

親切にする側、される側、双方にそのときの状況や心理状態が違います。世の中には人の好意を受け取れないという方もいます。
セッションをさせて頂いているとクライアントの方々へ「見返りを求めず優しくしましょう」「無条件の愛を与えましょう」などとお伝えすることが多いのですが、正直、私も相手に親切心を受け取ってもらえないと軽くイラっとくることもあったり…

もし、親切を受け取ってもらえないことでストレスを感じているとしたら、何かを期待しているのかもしれません。
例えば、
「ありがとう」と言うのが当然のことだ。
親切にしたら、相手も自分に親切にすべきだ。

そう思っていたのに相手が予想外の言動をしたら、当たり前と思っていた分、怒りの感情も出てくるでしょう。

そんなときは、自分の気持ちを確認して見てください。
⑴相手に何を期待しているのか?
⑵何を与えてもらいたかったのか?
⑶どう接してほしかったのか?

当てはまることがあれば、期待しちゃってたんだな~と流してしまうことです。

誰でも親切にされると嬉しいです。
しかし、親切にされると不快に感じ、受け取れないという方もいます。

例えば、「自分が嫌い」な方は、人の行為を受け取れない傾向にあるようです。
つまり、自分の価値を認めていない分、「自分は人に親切にしてもらう価値なんてない」とか、「親切にしてもらうなんて申し訳ない」と思っているからです。
また、劣等感がある人、自信がない人も人の行為を受け取れません。
人に親切にされればされるほど、情けをかけてもらっているようで、みじめな気分になってしまったり、親切にしてくれる人に対して心のゆとりを感じ、余裕のない自分と比べ、さらに劣等感を感じてしまいます。

しかし、だからといって親切にする必要がないということではありません。
親切は相手に対しての思いやりであると同時に自分自身に対しての思いやりでもあります。
誰かを思いやる時、穏やかな気持ちになり、自分が好きになります。
親切にする時、自分自身を誇りに思えます。
親切にしても受け取ってくれない人もいます。しかし、そんな時は、親切にしたいと思った気持ちをそのまま大切にしてください。
仮に、受け取ってもらえなかったら、相手の状況や心理状態を察してあげてください。
それも優しさです。


St.Johns





スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/234-b01d68e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)