☆コミットするとは?☆

『結果にコミットする』というCMがあります。コミットとは、コミットメント(commitment)の略語です。
『約束、誓約、公約、確約、献身』といったような意味です。
「目標(目的)を作り、それに対して100%の力を尽くす」「覚悟を決めたことに対して最終的な責任を取る」などと解釈されます。
『結果にコミットする』は、『結果を出すことを確約します』とでも解釈すればよいのでしょうか^^;

スピリチュアルの世界でもコミットという言葉は使われます。スピリチュアルな世界では「コミット(宣言)する」は、「宇宙へ意思表明することで『引き寄せ』を起こす」とか「物事を成し遂げようと意思表明して、身を捧げる」などと捉えています。

例えば、『就職する』と自分にコミットしたとします。 
しかし、
「コミットしたのに、就職出来ません!」

何故か?
それはコミットではありません。
⑴今の自分自身を受け入れた上で、
自分自身の人生をどのように生きたいか?
何をやるべきか?
を「コミット(宣言)」して、
⑵それに向かって毎日の中で、何をどうするか?
を「意図」して、
⑶それに向かった最大限努力と適切な行動をし、
⑷ありのままの流れを委ねる。
先程の例では、⑴の目的や⑶の行動がないのかもしれません。

コミットした後、自分自身が目的とそれに合致した結果に対して向かって行きます。
それに対する適切な努力や行動がなければ、結果は起きません。
適切なコミットであれば、それに向かった努力や行動は苦ではなく普通のこととして受け入れられていきます。
そして、サポートが入ります。

これがコミットの仕組です。
つまり、周りが勝手に動いて引き寄せが起こることではありません。
もちろん、自分が結果のために色々行動している中で、周囲の協力やご縁が運ばれて来たり、ということは有り得ます。

そこで、「思った通りになれ」と現実を認めず、思い続けるのを執着と言います。
自分の妄想を現実であるべきだ、と思い続けてしまうということです。
現在の状況を受け入れていないので、次の手段が執れません。益々結果からは離れていきます。

コミットしているのに結果が出ないのは、
⑴目的がない、⑵目的に沿った意図がない、⑶それに向かった努力や適切な行動がない、⑷流れに委ねられず、他人を動かそうとする、のいずれかで結果が出てないのだと思います。
そして、執着する方は、
結果が出ないにも関わらず、それを受け入れされず、もしくは気付かずに結果を無理矢理にでも出そうとしている、もしくは現実逃避しているのだと思います。

もしも何かを設定しコミットしたのに、結果が出ないものがあるならば、一度自分自身の状態を観察してみることをオススメします。
執着している間は、自分自身が辛いでしょうから、早く手放して楽になりましょう^ ^
コミットすることは、自分自身と向き合うことでもあるのです^ ^


St.Johns





スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/232-3f0f41d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)