☆御役目・使命とツインソウル☆

人は社会的な御役目・使命を持っています。
自分の御役目は何か?
それは、潜在意識の中に隠されています。
潜在意識の中に隠された御役目を感じるには、自分に素直になることが重要です。毎日つまらない仕事をし、嫌いな人と付き合い、休日は疲れるから家に籠る…
そのような生活をしていたら、御役目に気づく手掛かりは見つけられません^^;

潜在意識から記憶を掘り起こすには、魂に新鮮なエネルギーを送り込む必要があります。色々な場所へ行き、様々な人と出会い、経験したことのない体験をする…
そのようにして、本当の自分、魂の本質に気づくことです。何が好きで何が嫌いなのか、何をしたいのか何をしたくないのかなど、自身を知る必要があります。そのためには、殻に閉じこもるのでなく、外の世界をたくさん経験する必要があるのです。 

そして、やりたいことが見つかったら、小さいことでも、初めてのことでも、やりたいことを続けること、継続することが大切です。自分の楽しいと思えることを追求していくうちに御役目・使命が見えてきます。
楽しいことをしていると、気持ちがワクワクした感覚になります。それが宇宙のエネルギーを受け取りながら、魂の欲することをやっている証拠ですよ^ ^

自分の好きなことが分かってくると、自分の魂の本質が見えてきます。自然と自分のやりたいことに意識が向き、使命を少しずつ理解することができてきます。知らない世界は怖いかもしれませんが、勇気を出してたくさんの経験をして魂を刺激してください。 
魂を刺激し、何をやるべきか?本当の自分は?魂の本質は?…が少しずつ見えてきたら、それを素直に感じて行動に移してみることです。感じたことに素直に踏み出して行動し、継続するといろんな意味で次へと展開いくんです(-_^)

御役目・使命を感じて進んでいるとき、あるいは本当にこの道で正しいのか?不安を感じながらも努力を続けていると「ソウルメイト」に出会うことができます。
ソウルメイトとは、助け合い、お互いの魂を成長させるために出会う運命なのです。
ソウルメイトとの出会いで、今進んでいる道が正しいことを知ることができます。

さらに御役目を果たすために行動していると、魂が使命を全うできる状態になります。そのときに準備が整い、ツインソウルと出会うことができます。
ツインソウルと出会うと、御役目・使命がより明確になり、どのように行動すればいいかもハッキリと見えてきます。ツインソウルは社会的御役目・使命を共に果たすための、運命のパートナーなので、出会った瞬間から人生が一変していきます。
ツインソウルと出会い、共に自分の御役目・使命を全うすれば、人々を救うことも可能です。
救われた人は幸福に満たされ、自分に幸福エネルギーが返ってきます。自分とこの世の中を幸せにするために、自分の御役目・使命を早く見つけましょう。


ところで、ツインソウルとは、必ず別れが来る、あるいは逆に別れはない、といわれています。
ある意味どちらも正解です。
ツインソウルは、同じ時代に生まれてくるか解らない存在であり、お互いの魂の片割れです。とても絆が強いのですが、実はその強い絆というのは、魂の繋がりであって、恋愛的な繋がりとは限りません。ツインソウルに出会った人の中でも、結婚する人もいれば、心から気が合うが、友達、親友以上の関係から抜け出せない人もいます。

ツインソウルは二つで一つの魂なので、自分にないものを相手が持っていることが多く、それが憧れだったり、補い合ったりといい方向に進めばよいのですが、考え方の違いから離れてしまうケースも多いのです。つまり、「決定的にお互いが違う」という違和感を感じる事です。お互い魂で繋がっている分、どうしても考え方の違いが浮き上がってしまい、「この人は私に合ってないんじゃないか、本当はツインソウルではないのかも…」と考えてしまうんです。

確かにツインソウルとの最初の出会いは、ある程度お互いに魂の成長が進んだ時ですが、実はそれは出会う条件だけで、魂として一つになる準備ができたわけではありません。
逆にツインソウルとの出会いは、お互いの魂の成長が滞ってきた時に出会い、それによる試練を乗り越え、魂として完成する為の機会ともいえます。

ツインソウルの魂の絆は強いため、それぞれが試練を乗り越えられれば、またいつしか出会い、お互いに納得する形で同じ魂を持つ者同士、繋がり合うことができます。
ツインソウルは、二つで一つの魂であるからこそ、片方にはあり、片方にはない考え方をするのです。相手が自分の片割れであると理解し、思いやることにができるようになったとき、互いに魂の成長をする事が出来るでしょうね^ ^

St.Johns



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/216-3e69b0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)