☆Empath エンパス☆

Empath エンパス~て聞いたことはありますか?Empath エンパスは人に共感する性質が強い人のことを言います。
約4人に1人は、Empath エンパスという性質を持っています。
セッションにいらっしゃる方には、このEmpath エンパス体質の方も多いです。

Empath エンパスは、相手の持って感情などを感じてしまう、受け取ってしまう、無意識にそうする傾向のある性質の方です。
無意識に他人の余計なものを受け取ってしまっているので、生きていくのが辛いと思います。
私もそうでしたから…

Empath エンパスの性質は、無意識に自分のエネルギー圏に他の物を入れてしまうので、人と接するのが疲れる、疲れるから人と接するのはしばらくやめて籠るという傾向もあります。

Empath エンパスの方は、他人の感覚を自分のことのように感じてしまうから、優しくて思いやりがある面もありますが、
実は他人軸で生きているので~自分の感情を無視してる、自分の感情が分からない方が多いんです。
まるで、自分と向き合うことを拒絶しているかのようです。
なので、
これは自分の感情なのか?
それとも相手の感情なのか?
意識の境目 がわからいからなんです。
つまり、自分軸で生きていない傾向にあるんです。

Empath エンパスは、必要以上に相手の痛みを感じ取り、相手の感情を自分の感情として体験するので訳が分からず辛いんです。
そして、自分の言葉で話せなくなり、自分の思いを話すことができなくなり、自分って?分からなくなるので、生きづらいんです。
けど、そういう性質なんだと理解しているかどうかでは大分違います。

また、Empath エンパスの方の中には、無意識にEmpath ヒーリングを行っている方もいます。
Empath ヒーリングは、人のネガティヴな波動を自分に受け入れて、その人を癒す事。
自分に他人の悪いものを受け入れて、自分のエネルギーを与えてしまう。
ネガティヴな波動を受け入れるので、それを抜く術を知らないと自分に溜まる一方なので、Empath ヒーリングが良いわけはありません。

人に会うと凄く疲れる…
人には暫く近寄りたくない…
ネガティヴな人ばかり自分に寄ってくる…
こんな方は、無意識にEmpath エンパスにより他人と繋がり、ネガティヴな波動を受け入れているのかもしれません。

Empath エンパスは、病気ではありません。
人の事、地球の事を共感できることには必ず意味があります。
自分の性質を理解しながら、 どうやってEmpath エンパス性質とうまく付き合いながら生きていくかを学ぶことが大切なんです。
他人に焦点を向けるのではなく、まずは自分自身に意識を向けて自分軸で生きること、そして、自分の感情や感覚を感じることで、他人との境界線が分かるようになってきます。

そのために、まずは、自分自身を愛し、受け入れ、内観して、自分自身を感じてください。
Empath エンパスの方は、自分自身を愛し、受け入れることを課題として持っているのかもしれませんね^ ^

他人との境界線が分かるようになると、受け取ることを止めることが出来るようになってきます。
受け取る事が止められないのであれば、受け取ったものを手放して、浄化することです。

私は、Empath エンパスの方に自己ヒーリングやエネルギーワークをお勧めしています。
例えば、霊気伝授…
霊気ファースト伝授では、徹底的に自己ヒーリング、自己浄化を行っていただき、自分自身と向き合ってもらいます。
すると、自分軸で生きることや他人との境界線が理解できてきます。
また、ヒーリングとは、自分自身が他人のネガティヴなものを受け入れて自身のエネルギーを与えることではなく、自身が単なる媒体となり、ヒーリングエネルギーを流すことであることも理解できるので、無意識にEmpath ヒーリングを行うこともなくなりますよ^ ^



☆セッション、セミナー等可能日
4月
13日~15日
18日~21日
25日、27日、28日
5月
9日~12日
16日~19日
23日~27日
いずれも午後7時以降

その他
4月
16日土曜日午後5時以降
17日日曜日午前11時、午後1時~午後5時
5月
7日土曜日全日
8日日曜日全日
28日土曜日全日
29日日曜日全日

セッション1時間3000縁
伝授3000縁
セミナー2時間5000縁

急な御依頼でも空きがありました可能な場合もありますので遠慮なくお問い合わせください
時間帯もご相談に応じます。

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/210-c87dd733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)