☆妖精さん達☆

ハーブや花は、神様が与えてくれた最高の贈り物です。人間は、昔から自然と深く関わり、野山に咲く花に心を癒されてきました。花やハーブは、鑑賞したりお茶として飲んだりするだけではなく、アロマオイル、フラワーエッセンス等、様々な形で生活に取り入れながら、ストレス解消や心のトラウマ癒しなどなどに活用してきました。

野生に咲く花やハーブにはたくさんの妖精さん達がいます。そこで、妖精さん達は自然界のお仕事をしてるんですね^ ^

先日、小さなおじさんの姿の妖精を引き連れていらした方がいました。よく小さなおじさんを見た~という話を聞きますが、小さなおじさんも妖精の一種なんです。

我家に来ている花の妖精さん達にお願いして、その方を花の妖精さん達で囲んでもらったところ、おじさんの妖精さんは何処かに行っていなくなりましたが…^^;

妖精おじさんの話は置いといて、野生の花などを持ち込んだり、家に小さなお子さんやペットがいらっしゃるところには、妖精が集まってきますよ^ ^
妖精は、イタズラ好きなので、物がなくなったり、移動したりします。
そんなことが起きる家は、妖精がいるのかもしれませんね(-_^)


ところで、妖精は、天使からの命令と愛を受け、自然界の造化の末端の仕事に従事しています。妖精は天使と同じように霊界で誕生し、霊的進化は天使よりも低い霊的生命体ですが、天使や人間と同じように、永遠の進化の道をたどっています。

妖精界には、霊的進化のレベルに応じて下位の妖精から上位の妖精へと無数のランクが存在し、それぞれに相応しい知性を持っています。また担当する仕事も、妖精界のランクに応じて与えられています。妖精の中で進化レベルの高いものはDIVAディーバと呼ばれ、かなりの知性を備えています。

普段、妖精はエネルギー体として存在し、一定の形態を持ってはいませんが、時に光の点のように見えることがあります。また、エネルギー場による変化をもって様々な形態を表現したり、人間の観念に相応して、瞬間的に小さな人間や動物の姿をとることがあります。ですので、人それぞれ見え方などが異なります。
つまり、私たちがイメージする羽をもった女性が本来の姿ではないんですよ^ ^

妖精は、人の個々の成長を助けるというよりは、人類のこと、自然全体の調和、進化を助ける役目を負ってるので、妖精がいなかったら自然界は存在しません。

私は、アロマやハーブ、フラワーエッセンスを扱うことから、我家には花の妖精さん達が集まります。
その中でも薔薇の妖精さん達は、高貴で美しく知性高いDIVAです^ ^

チャネリングセミナーStage4では、妖精をはじめとした様々な存在達へのコンタクトも行っています。
また、必要な方には花の妖精を付けることも可能です。
妖精さん達を感じてみたい方は、是非お越しください^ ^


☆セッション、セミナー等可能日
2月
2日~5日
8日~10日
15日~18日
22日~26日
いずれも午後7時以降

土日
2月27日午後3時以降
2月28日全日
その他
日曜日
午後6時以降
お問い合わせください。

セッション1時間3000縁

急な御依頼でも空きがありましたら対応可能な場合もありますので遠慮なくお問い合わせください
時間帯もご相談に応じます。

archanglestyle@gmail.com



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/196-3c9ac78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)