☆エネルギーワークのススメ☆

人間は、目で見える肉体と、目に見えないエーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体という複体でできていて内側も外側もエネルギーでできています。☆
そのエネルギーの場が波紋のようにおよそ際限なく広がっていて、すべてが重なり合っているので、物理的に離れていても作用し合い、影響し合ってます。

すべてのものは、光と情報と共鳴でできています。このエネルギーフィールドに対する作用を意識的に行うのがエネルギーワークです。

エネルギーワークを行う場合、宇宙の特定のエネルギーフィールドに周波数を合わせ、エネルギーを受け取ります。

エネルギーワークを行う場合、自分自身は単なるエネルギーのパイプとなりパイプを通して、宇宙のエネルギーフィールドから流れてくる特定の周波数のエネルギーが流れて放射されます。その特別なフィールドにつながることによって、必要な癒し、浄化、気づきが自動的に起こります。

近年、そして今年、これからも、宇宙からのエネルギーがますます強くなり、目まぐるしく変化しています。また、地球は新しい高いバイブレーションに変容しています。

私たちは、自分の心・体・魂の各レベルにおいてエネルギーの波動修正ともいうべきことをするべき時に来ており、宇宙エネルギーや地球に合わせて自らを高く純粋で美しい状態に変えていく必要性を潜在意識の中で感じ取っているのです。

宇宙からのエネルギーの変化や地球の変容は、真に必要なこと、やるべき御役目、魂が欲していることなどを見極め~意図して~行動する~ことで実現していく創造の時代への移行を意味しています。

その変化、変容に対応するためには、今までの古い考え、固定観念、不要な感情…などを手放し、そぎ落とし、シンプルな状態を保ち、真に必要なこと、ワクワクすること、やるべき御役目などを感じ、気づき、それに向けて創造していく必要があります。

また、シンプルな状態を保つことで、宇宙からのエネルギーの変化や地球の変容にも敏感に感じ、その変化に対応することができるのです。
これからは、特にシンプルな状態を保ち、宇宙からのエネルギーや地球の変容に対応しながら、進むべき方向に向けて創造することが出来るか否かの二極化が極端に現れてきます。

『そのためには何をしたらいいですか?』という質問に対し、私は霊気伝授を勧めてきました。
霊気のエネルギーは古いとか弱いとか言う方もいます。
私は、エネルギー云々ではなく、自己ヒーリング、自己浄化に始まり、各レベルでマントラを伝授する霊気のツールやメソッドがエネルギーワークの基礎、基本を学ぶには、特に初心者に対して無理なく学べる最も適したものと思っています。

また、私は、霊気ファースト伝授後、皆さんには、徹底的に自己と向き合うこと、自己ヒーリング、自己浄化、を繰り返してシンプルな状態を作り、それを保ち、体調の変化やエネルギーの変化を感じ取ることをしていただき、準備が出来た段階でしかセカンド、サードの伝授を行いません。

何故か?それは、前記のとおり、自ら創造する時代を生きるためには、自身を綺麗にしシンプルな状態を保つことで、自身のエネルギーの変化、宇宙からのエネルギーの変化、地球の変容を感じ、それに対応していく必要があり、霊気ファーストでの自己ヒーリング、自己浄化が、自己の変化に向き合う気づきの機会として適しているからです。
そして、その必要性にも気づいてもらいたいからです。

霊気に関わらず、エネルギーワークでは、宇宙、宇宙存在、天使、女神、マスター、愛、ソース、神、創造主、存在の根源など、いろいろな名前で呼ばれている存在がその時に必要なものを与えてくれます。

どのような存在からのエネルギーを受け取るかは別として、大切なことは、まずは自己と向き合うこと、自身の体調やエネルギーの変化を観察し、今必要なものは何かに気づくことです。
たくさんのエネルギーワークの伝授を受けても、それが出来ていなければ意味はありません。

天使をはじめ女神、マスター…など高次の存在達は、自己浄化、気づきなど、私たちに必要なお手伝いをしてくれます。
そして、それぞれのエネルギーにそれぞれのエネルギーの質、色、音、匂いがあり、自身が護られていること、導かれていることに気づかせてくれます。
それを感じるためには、まずは自分自身が綺麗でシンプルな状態になり、感じ取ろうと意図してみることです。



☆セッション、セミナー等可能日

1月の予定
14日
19日~21日
25日~28日
いずれも午後7時以降

セッション1時間3000縁

急な御依頼でも空きがありましたら対応可能な場合もありますので遠慮なくお問い合わせください。
時間帯もご相談に応じます。

archanglestyle@gmail.com



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/194-ee6ccccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)