☆大天使ミカエル☆

先日8月の初めに東京に行ってきましたが、37度という猛暑で大変でしたよ^^;

ここ札幌は真夏日もありましたが、大分暑さが落ち着いてきたようですね^ ^

昨年7月にダイニングカフェ ハルテラス(札幌市)において、12名様でのチャネリングセミナーを開講いたしましたが、当日は30度を超える真夏日で皆さん滝のような汗を流しながらのセミナー受講だったのを暑い日になると思い出します^^;
参加された方からは、『あの日は凄く暑かったですね』などといまだに言われます^^;
ある意味記憶に残る思い出深いセミナーになってよかったのかもしれません(^^)

チャネリングセミナーは常時実施いたします。
個人、グループ問いませんので遠慮なくご依頼ください。


ところで、そのチャネリングセミナーでは必ず大天使ミカエルと繋がっていただきメッセージを受け取れるようになっていただいてます。
そして、大天使ミカエルと『手放しのワーク』を行い、不要な感情やネガティブなものを全て手放していただいてます。

『大天使ミカエルという名前は聞いたことありますが、何の天使ですか?』と聞かれることが多いので少し説明いたしますね^^;


☆大天使ミカエル☆

大天使ミカエルは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖典に登場し、数多い天使たちの中でもっとも有名な天使です。

ミカエルという名はヘブライ語で、直訳すると“神のごとき者”と訳され、大天使のリーダーとしての立場が与えられています。
英語名はマイケル(Michael)、フランス語名はミシェル(Michel)です。

大天使ミカエルは、地球を守る役目を担っており、古くから人間たちの前に姿を現して、数々の奇跡のようなサポートをしてきました。

聖母マリアに死期が近いことを告げたのも大天使ミカエルで、地上から天界へ旅する死者の魂を永遠の光の中へ導く“慈悲の天使”“救済の天使”としての役割も担っています。

また、ジャンヌ・ダルクにお告げを授けフランス軍の勝利を援けたのも大天使ミカエルとその仲間の天使たちだと言われています。

大天使ミカエルは、天界と人間界の間で具現化することをサポートしているので、与えられた仕事をこなすだけの生活のための仕事ではなく、その人の内側にある真実を表現するためのライフワークやそれまでのキャリア・パスにおいて心強いサポーターとなってくれます。

純粋なもの全てを守護するとされる大天使ミカエルは、剣と盾を携えたイメージで描かれることが多く、強さと勇敢さを体現した存在と言えます。

しかし、剣は「何かを攻撃する」のが目的ではなく「いつの間にかついてしまったネガティブなエネルギー(不安や恐れ、怒りや対抗意識など)を断ち斬る」とか「ネガティブなものが近づいてくるのを退ける」など、あくまでも「守護」のための剣です。

また、大天使ミカエルが守ってくれる対象は人々の心身魂だけではなく、感情、愛する人々、車や家などの持ち物、財産…と非常に多岐に渡ります。

守護してもらうことで、なかなか解決しなかった問題がスムーズに解決したり、人生の目的に気づけたり…様々なところで大天使ミカエルのパワーを感じることができます。


私は、大天使ミカエルに霊的現象やサイキック・アタック、コードカッティングなどなどいつも助けてもらっています。

天使達は、要請されないと動きませんので、困ったときはキチンと呼ぶことが大切です。
チャネリングセミナーを受講された方は、セミナー後、大天使ミカエルとコンタクトを取りながらあらゆる守護を受けることが出来るようになります。

地球と人間の守護をする役目を持つ大天使なので、誰が呼ぼうと呼べばいつでもきてくれますが、肝心なのは、自分の中のエゴや偽りのない態度で自分の内側を掘り下げて、不必要なものは潔く手放す覚悟で純粋な気持ちがないと守護は受けることはできません。

大天使ミカエルが発している光の色は「青紫」「深青」そして「金色」。
大天使ミカエルを呼んだとき、このような光が見えたらミカエルが近くにいる合図です^_−☆


☆セッション、セミナー、伝授の日程☆
※空き日程があまりありませんので早目に打診願います。
下記以外の時間も対応可能ですので遠慮なくお問い合わせください^_−☆

☆8月
18日午後7時以降
19日午後7時以降
20日午後7時以降
23日土曜日
午前9時、10時、
午後3時、4時、5時
24日日曜日
午前9時、10時、11時
午後4時、5時

☆9月
1日~4日午後7時以降
8日月曜日(全日可能かもしれません)
9日~11日午後7時以降
16日~19日午後7時以降
20日土曜日
午前11時
午後3時、4時
21日日曜日
全日可能
23日火曜日
全日可能

archanglestyle@gmail.com

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/147-e84bdc04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)