☆ハートの聖なる空間☆

「ハート(心臓)の中には、あらゆることが可能な秘密の小部屋があります。」

人間の心臓は、臓器のなかでも最強かつ最大のエネルギーフィールドを形成していることが科学者達によって突き止められています。これは、頭蓋骨に入っている脳よりも大きいといわれています。
この電磁場は直径2メートル半から3メートルほどで、その軸の中心は心臓にあることを発見しています。
それはトーラス(円環体)と呼ばれるドーナツ状の形をしています。




この心臓のエネルギー・フィールドは「ハートの聖なる空間」(ドランバロ・メルキゼデクの著書『ハートの聖なる空間』)と呼ばれており、心臓の最強かつ最大のエネルギー・フィールドに入ることにより、マインドとハートが一体化して絶対無限の存在、つまり創造主とつながることもできるのです。

そして、ハートに入ることにより、スピリチュアルなワークで実感が得られないと言っていた人たちも、実際に体感できるようになります。

つまり、人間の心臓の中には聖なる空間が存在していて、ハイアーセルフや高次元の存在達と会ったり、宇宙とつながったりすることができ、
また、人類全体の歴史の貯蔵庫であるアカシックレコードにも繋がっていてその記憶と接点を持つこともできるのです。

ハートの聖なる空間に入ることができれば、すべての生命とつながり神と協働して世界を癒すことが可能となるのです。

このハートの聖なる空間こそ私たちがやってきた空間であり、ここから宇宙と私たち全てが始まりました。

我々は、皆本来いた場所であるこの空間に帰らなければなりません。
なぜなら、1万3千年ほど前、アトランティスの時代にあるショッキングなことにより、私たちはみんなこの空間から出てしまい、脳の中に意識を置いて暮らすようになってしまったからです。
加えて、この情報社会、ストレス社会は、脳の中に意識を置くことを前提としているのでハートの聖なる空間を思い出すキッカケを自ら見出しづらくさせています。

長い間、脳に意識があったので、ハートに帰ってそこにいつも意識を住まわせることを思い出すには、少し理解と練習が必要です。しかし、このことを思い出し、ハートとともに生きるようになると、人生はまったく違うものになります。

私のチャネリングセミナーでは、何かを教えるのではなく、思い出すキッカケをつくるワークを中心に行います。
つまり、私たちひとりひとりのハートの中には、すべての光や叡智とつながるハートの聖なる空間があり、光きらめくハートが目覚めると、ユニティへの扉が開かれる~そのつながりを思い出していただくだけです。

ハートの聖なる空間に入ることを思い出し、ハイアーセルフなどの光の存在達との繋がりやアカシックレコードに繋がることを確認しませんか?

ハートの聖なる空間についての詳しい説明は、ドランバロ・メルキゼデクの著書『ハートの聖なる空間』に記載されています。
私は、6年ほど前にこの著書や同じくドランバロの著書『フラワーオブライフ』
を私の光のガイド達から読むように勧められました。
そして、光の師匠であるセントジャーメイン達に聞きながらチャネリングを確立させました。

私の行うチャネリングが独自のものか?というとそうではなく、誰もがかつて行っていたことであり、けして独自のものではありませんし、安全な方法です。

私は、たくさんの方々にハートの聖なる空間を思い出していただきたい想いで3時間の体験型セミナーを安価に実施しております。
私の御役目の一つとして行なっていますので、安価だから結果が出ないとか手を抜いてるということではありません。
逆に盛り込み過ぎて?あっという間に過ぎる充実した3時間です(^^)

チャネリングセミナーは、受講される方のハイアーセルフや守護する存在達と話し合いながら、その方の状態に合わせて進める個人レッスン型で行っていますが、お友達と一緒に、あるいは10人以上のグループでの実施も可能ですのでお問い合わせください。
(グループでのセミナーは、カフェダイニング『ハルテラス』での実施になります。)

※昨年実施しましたチャネリングセミナーINハルテラスは、今年も実施する予定です。なお、今年は暑くなる前に実施いたします^^;




ハートの聖なる空間に入るのには資格はありませんし、動機も必要ありません。
プロの方やプロを目指す方、全くの素人の方でも関係ありません。

セミナーは、その方に合わせて光の存在達と共に進めますので、以前受講された方でも、何度でも受講が可能です。

是非ハートの聖なる空間を思い出して光と共に歩みましょう(^^)


チャネリングセミナー3時間5000縁
可能日
4月26日午前9時~
4月27日午後1時以降
5月10日午後2時以降
5月11日全日


St.Johns






スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/132-94ee683f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)