☆蓮の花のように生きること☆

イギリスの国民投票で、EUから離脱するべきとする意見が、過半数を獲得したとされました。☆
EUは、ヨーロッパの国などが、一つの大きな経済圏として、まとまって行こうとするもの、イギリスやフランス、ドイツ、イタリアなど、現在28か国にまでなっています。
EUに入ることで、その加盟国同士の経済交流が進み、経済的に有利だと考えられていますが、逆に、ギリシャ危機にみられるように、加盟国のうちの一国でも、経済危機など、深刻な状況になると、全体的に足を引っ張られます。
それ以外にも、加盟国内での人の交流も進むのは良いことですが、移民問題などが発生していきます。
まるで病原菌が感染するように、問題がある加盟国の病原菌は、別な国にも違った形で問題が感染していきます。
イギリスの離脱は賛否両論あるのはある意味当然ですが…

EUの発足は、当初ワンネスへの流れの象徴のように感じました。
しかし、ワンネス、それは、個々が自立していることが前提です。その上でのギブアンドテイク。

安倍総理が伊勢志摩サミットの後、『リーマンショック以来』という発言をしましたが、このようになる可能性を秘めていたのかもしれません。

世界的には、為替や株式市場が混乱していますが、今後経済的には不況に入っていく可能性があります。
EUの混乱…中国のバブル崩壊…世界経済は、深刻なものとなるかもしれません。
それぞれの国が自国強化をし、まずは真の意味での自立をしなけれざならない時期になってます。

これから秋に向けて、日本も不況に突入するかもしれないと思った方がよいかもしれません…
また、今まで日本にもたらされた地震、豪雨、などの天災もこの先油断はできません。

先日の夏至の日を機に、さらなる変化・変革のエネルギーへとシフトしています。
時代は大きく変わっていきます。
約84年のサイクルで地球を周る天王星は牡羊座にいます。
約2年後2018年6月には牡牛座に移動します。
天王星は時代を表す星…
その星がまもなく移動します…

つまり、私達は時代の激変する渦中のいるのです。時代の変化のスピード化が更に進み、2020年東京オリンピックが終わる頃には、一気に国際情勢だけでなく政治も今では想像出来ないものへと変わっているかもしれません。
もちろん、日本もその変化へと突入していくと思います。

そんな中、我々個々人はどうあるべきか?
国が自国強化を求められているのと同様に、我々はシッカリと地に足を付けて生き抜き、揺らぐことのない自分自身へと成長する必要があります。
スピード化の中で、毎日を、この瞬間を大切に生き、全てに感謝し、自身の人生をどう送るか、自身はどうあるべきか、を捉え、意図して行動することではないでしょうか。

7月から8月に掛けて蓮の花がシーズンになります。
蓮は、泥の中にでもシッカリと根を持ち、養分を吸い取り、綺麗な花を咲かせます。
どんな環境からも影響を受けず、自身の清らかさを保ったまま、環境をプラスにして美しい花を咲かせて生き抜くのが蓮の花です。
我々個々人全てが蓮の花のように、自分らしい清らかで美しい大きな花を咲かせるように生きることが出来れば、社会も世界も良い方向へと変革するのではないでしょうか。



☆セッション、セミナー等可能日
6月
27日~30日
7月
4日~7日
11日~15日
19日~22日
25日~28日
いずれも午後7時以降

その他
7月
9日土曜日午前9時~午後4時
25日日曜日全日
その他土日は未定となりますが、決まり次第知らせします。

セッション1時間3000縁
伝授3000縁
セミナー2時間5000縁

急な御依頼でも空きがありました可能な場合もありますので遠慮なくお問い合わせください
時間帯もご相談に応じます。

archanglestyle@gmail.com




スポンサーサイト