釧路にも桜が

マンションから見える近所の桜の木に花が咲きました^ ^ここ寒い釧路もやっと5月14日に桜の開花宣言したようです^ ^

さくらの語源は、さ(神、稲)と、くら(座、霊座)、つまり農業の神様の霊がまします(坐します)ところという意味なんです。
だから、桜花はスピリチュアルの象徴としての意味合いをもっているんです。
もちろん桜は、日本の風土に咲く花なので、日本という限定された「世界」での話ですが…

桜を見ると癒されます^ ^
桜の花が咲いた時、桜の木には精霊さん・妖精さんが寄り添い飛び回ってます。
そういうこともあり、桜には、今世だけでなく前世で体験したネガティブな感情も癒してくれるスピリチュアルな力を持っているんです。

桜の花を見る時、ふと精霊さんや妖精さんに挨拶してみてください。
すーと、気持ちが軽くなったように癒されるはずですよ^ ^


『笑顔は人の心に花を咲かせる。必要のない笑顔なんてない。だから...笑うんだ。どんな時でも』

~Gackt~



~釧路より愛と光を~

St.Johns

archanglestyle@gmail.com


スポンサーサイト


コメント
昨夜、残業で遅くなった帰り道。帰宅途中にまだやってるケーキ屋さんはないかと走っていたところ、見つけました(そちらは20:30まで営業してるそうです)
ケーキを包みながら店員さんが、釧路にも桜が咲きましたね~と桜の話をしてきました。昨年の桜の話など、ずっと桜の話題でした。私が疲れて見えたのか、お疲れさまという言葉もかけていただき帰って来ました。
今朝のこちらのブログも桜でちょっとびっくり。桜の意味を知り、疲れを感じる週末、今日も一日がんばろうと思いました。
2017/05/19(金) 06:22 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://stjohns.blog116.fc2.com/tb.php/494-8b0f4a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)